コンサルティング 太陽光発電と安全管理のプロが行なう
太陽光発電事業評価・診断

自然界に晒されている建築物・構造物・電気工作物は、常に変化をしています。モジュールやケーブルには常に化学的負荷が掛かり、架台やフェンスに掛かる荷重は常に変化し続けます。環境変化、気候変化、その他予測のつかないアクシデントに備え、健全で安定した発電を継続するための事業評価・診断を行ないます。

事業評価の流れ

  • 土地・権限、土木・構造関連を含めた発電事業全体を評価

    土地・権限、土木・構造関連を含めた
    発電事業全体を評価

  • 長期安定稼働に対するリスクの洗い出し

    長期安定稼働に
    対する
    リスクの洗い出し

  • 土地・権限、発電事業の適正化

    発電事業の適正化

  • セカンダリー市場の活性化

    セカンダリー市場の活性化

  • 優良主力発電事業者への促進

    優良主力発電事業者への促進

SSG20ならではの特長と効果

精緻な評価体制

  • 一次評価 事業評価技術者による評価
  • 二次評価他 専門家および有資格者による評価・診断
    (電気主任技術者、建築士、
    専門分野の有資格者・知見者)

太陽光発電事業評価内容

評価項目 1次評価 2次評価
調査内容 確認方法 調査内容 確認方法
土地・権利関係 証拠図書の有無を確認 資料調査 証拠図書と現況の
一致を確認
現地調査
土木・構造関係 証拠図書の有無を確認
+現況確認
資料調査
+主に目視確認
設計・施工(保守・
修繕)の状況確認
専門的な現地調査
発電設備関係 証拠図書の有無を確認
+現況確認
資料調査
+主に目視確認
設計・施工(保守・
修繕)の状況確認
専門的な現地調査
計測
評価者 一定の知見を備えた者 項目ごとに高い知見が必要

コスト削減

設備全体の対策を明確にし、設計・設置工事等の
イニシャルコストを削減

事業安定化への提案

長期安定発電に役立つ的確なメンテナンスと再投資の提案

活用シチュエーション